耕木杜…木を耕し杜(もり)に帰る  
   
   
 




耕木杜へのアクセス
大工募集!
スタッフ募集 【設計補助 現場管理】



【お問合せ先】
有限会社耕木杜
月-土 9:00~18:00
TEL:0475-30-9501
FAX:0475-30-9502
abo@koubokusha.co.jp

【緊急連絡先】
(営業時間内対応)

090-2404-1006
090-8435-1338


【事務所営業時間】
9:00 ~ 18:00

【定 休 日】
日曜・祝日



アクセスカウンター



平成24年に東日本大震災早期復興祈願と題して行われた富岡八幡宮例大祭、通称「深川八幡祭り」にて
当時の天皇皇后両陛下が神輿渡御をご観覧されるためのイスを制作しました。

耕木杜の家づくりについて 3

Koubokusha’s approach on planning a house 3



-全体のバランスを整える
自然界は様々なものが集まって成り立っており、そのバランスは美しく整えられています。
人間の営みはどうしてもそのバランスを崩してしまいますが、生きていくためには仕方がない部分もあると思います。なるべくならば、そのバランスを美しく残していきたいと思うのです。
耕木杜の家づくりはプロポーションを大切にしています。様々なものを集めて構成し、理想的なバランスを創り出すためにデザインや技術を駆使しています。
社会はそのバランスを敏感に感じ取ると信じています。しかしながら、アンバランスな、一過性の単に派手な建築物を良いバランスと勘違いしてしまう時もあります。その時には必要と思われたものであったかもしれませんが、時間の経過に耐えられず必要とされなくなるものがほとんどではないでしょうか。
耕木杜は時代を越えることができるバランスを考えたいと思っています。
家のプロポーションは、住む人の存在感を表すものだと思います。決して派手ではなく目立ちもしないかもしれませんが、おおらかな佇まいは頼りがいがあるように感じられます。そのような整ったバランスは時代を越えることができると信じています。

-Ordering the whole balance.
The nature world is composed of several constituents and its balance is beautifully ordered. We human beings cannot live without destroying the balance of nature to some extent. Preferably, it would be nice to retain the balance as beautiful as it was.We always start with the proportion of the house when we make a framework plan. We effectively use design skills and carpentry techniques to create an ideal balance of the proportion of the house composed of several constituents. We believe the society has a keen sense to perceive the balance. However, the society sometime misunderstand some unbalanced, transient, showy architecture as well balanced. Although there was a demand for such architecture at that time, most of those would not be required in the course of time.
We always try to come up with the balance which could be retained over the course of time. We think the proportion of the house imply the residents’ presence in society. Although it might never be showy nor conspicuous, the generous appearance could be perceived reliable. We believe it is such an ordered balance that could be retained over the course of time.



-バランスを残すこと
樹木を見ていると完全なバランスで存在していると感じます。そんな樹木を木材として使うとき、樹木が持っていたバランスをできるだけ活用することが大切だと考えます。一本の木から製材した木材は繊維方向だけでなく、その直交方向もつながった状態で存在しています。その木材をしっかり継いだり、組んだりするのが木組みの構造です。家の構造は全体が有機的につながっていることが理想です。その計画をし、墨付けをし、手道具を使って刻み、しっかりと強固に組んでいくのも大工の大切な技術の一つです。
それに対してベニヤや集成材はバラバラにされたものを再構成したものです。ベニヤは薄く加工されたものを接着剤でくっつけて積層させています。集成材は一本以上の木からとれた部材を接着剤でくっつけたものです。そんな部材を金物で組みます。木材同士は無機質な金属で連結されています。プレカットの場合は、木材同士がつながっていても仕口はゆるいです。バランスは完全に失われています。これでは耐用年数が短いのも頷けます。

-Retaining the balance.
Looking at trees, we feel they exist in perfect balance.
We consider it is important to make the most of it; the balance that trees congenitally have. Lumbers sawn up from one tree are combined both in fiber direction and its orthogonal direction: existing as an organic whole. We make structure by joining those lumbers in both extending and orthogonal direction. It is ideal that the structure is organically connected. It is one of the most significant carpentry techniques to plan the structure, mark on the lumbers, processing those with hand tools, and connecting those tightly and firmly.



-空気のバランスを考える
土や石などが存在している大地は、自然界のバランスを整える作用を持っていると思います。水や空気が重要な要素として、そこには介在しています。その大地を崩して素材として利用し壁や天井を塗るという行為でも、大地の持つバランスを整える作用をなるべく保持できればと考えています。耕木杜は室内環境を大切にしています。光が行き届き風通しの良いプランを計画し、左官の技術で人に与える印象も平滑にする面をつくっています。大地を崩して使わせてもらっている素材を利用して壁や天井を塗ることで、空気のバランスを整え、住む人にとって快適な住環境をつくり出そうとしています。

-Considering the balance of the indoor environment.
The ground which contains mud, stone, and so on is a natural agency to order the balance of the nature world. Water and air take important role as intervening medium. We try to preserve the role of natural agency to order the balance of the indoor environment when we apply those materials which we removed from the ground on the walls and the ceilings. We consider indoor environment of the house as one of the most significant factors. We plan every single space of the house to be bright with natural light and airy with a breeze. We use the techniques of plasterers to form the smooth and plain surface so that the inhabitants perceive the flatness of the walls and the ceilings both physically and mentally. We try to make a comfortable environment for the inhabitants by ordering the balance of the air in the house using the natural materials we remove from the ground and applying those on the walls and the ceilings.



-バランスを受け継ぐ
人間は生きていくためにどうしても自然のバランスを崩してしまいます。耕木杜はそのバランスをなるべく美しく残していくため、自然界から使わせてもらっている素材に、技術を駆使して人間の手を加えています。素材にとっては、環境も状態も変わります。新しい環境で長い年月に耐え、バランスを保つことができるように、住む人の目や愛情にも長い間応えられるように、手道具を使って仕事をします。住む人に愛着を持って育ててもらうことによって表面はおおらかになり、人当たりも柔らかくもなりながらも、バランスは保たれています。様々なものを集合させて構成し、デザインという技術を駆使して形を創造し、良い道具を使い、手でつくることによって、バランスの整った家づくりを目指しています。こちらから発信しなくとも、そこに存在していることで、いつかは発見されるような、そんな時代を越えることができるバランスを次の世代やその次の世代にも感じ取ってもらうことで、受け継いでいくことが理想です。

-Inheriting the balance.
We human beings cannot help disordering the balance of nature to some extent no matter which age we live. We work on the natural materials we take from the nature using several techniques so effectively that we could preserve the balance of nature as much as possible. We take the natural materials to completely different conditions or circumstances when we build houses. We work with hand tools to preserve the balance of the natural materials so that we can let the materials live in the new environment as time passes by. The surface of the materials will be generous and smooth to human touch with the great care of the inhabitants and the balance will be preserved. We effectively use design skills and carpentry techniques with hand tools to create an ideal balance of the house composed of several constituents. We do not make the house we build to shout out in the neighborhood. We try to make it as if it has been there for a long time. It would be nice if the next generation, and beyond would find the houses we made and perceive the balance we created. Hopefully, they would inherit the balance to the next generation, and beyond.

文京区M邸 「木の建築」に掲載しました (12/9up)
展示映像「木組みの家」映像全編公開中!! (6/30up)
竹中大工道具館おうちミュージアムの一環で、耕木杜の家づくりのプランニングか
ら竣工までを描いたドキュメンタリー映像(34分)がYOUTUBEで公開中です。
Youtube https://youtu.be/6HMa5tofqps
竹中大工道具館「木組 分解してみました」巡回展・東京展決定!! (3/234up)
日程:2020年5月26日(火)から7月12日(日) 
(※延期 時期未定)
会場:国立科学博物館
詳しくは 神戸竹中大工道具館HPにて アドレス
https://www.dougukan.jp/kigumi/
神戸竹中大工道具館 ※臨時休館延長~当面の間
「耕木杜の家づくり」リーフレットご希望の方にお送りいたします。 (1/14up)
有料になりますが基本設計のみのご相談もお受けしています。
建築のご相談・建物見学は随時・無料です。お問い合わせください。
今月&来月の事務所営業日
5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 … 定休日  … 臨時休業  … 催し  … 建て方


 
ホーム耕木杜とはプランと設計 木の建築 木の家具伝えるアーカイブスお問合せサイトポリシーブログ  
  住宅建築(設計・施工)・家具製作 有限会社 耕木杜  〒299-4103千葉県茂原市千沢1099-8    TEL:0475-30-9501 FAX:0475-30-9502  abo@koubokusha.co.jp